お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
骨組みの試作
1日作業をお休みして、再開いたしました。
今日はモデリングした骨組み部分を早速展開してみました。それがコレ。
A5-2017081602
A4サイズに収めるため、大きいものは分割して、ちょっとはみ出るものは斜めに配置してなんとかA4用紙に捻じ込みました。
で、厚紙にコピー紙に印刷したものを貼ったのですが……しくじりました。何度も失敗しているんですけど、またかい!って感じでちょっと凹みます。スティックのりの買い置きが無かったので普通の糊を使ったのですが、厚紙と言えどもかなり反ってしまいました。乾燥させた後で反り癖を直してみましたが、ゴワゴワ感は消えません。まぁ、試作だから目を瞑りますか。

で、ちまちまとパーツを切り出し。レーザーカッターにやらせたいところですが、セットアップやら何やらで1日はかかってしまいそうなので、今回は人力でカット。ついでに、指もカットしてしまい、イタイ思いを久しぶりにしました....orz
A5-2017081603
パーツを組み合わせていくのですが、これは結構大物になりそうです。少し予想はしていましたが、いつも使っている作業スペースには収まりきらないかもしれません。こんな感じです。
A5-2017081604
で、モデリングの済んだパーツを仮組みするとこんな感じになりました。
A5-2017081605
いやー、ちょっと大きいなぁ。今までの中で一番大きいのはラーカイラムですけど、それよりも若干大きい艦になりそうです。
とりあえず、骨組み自体に大きな問題はなさそうなので(小さい問題はそれなりにありましたが…)、次は外装部分になります。展開図をつくらないとなー。
スポンサーサイト
骨組みモデリング
今日は来たるべき艦体試作に備えるために、骨組みをモデリングしました。
結構面倒なんですけど、避けては通れませんし……

今回の空母型アンドロメダですが、やはり強度的に問題になりそうなのはアフロ……いえ、艦橋後部に増設されている飛行甲板です。こんな艦形だと、洋上航行は無理なんじゃないでしょうか。(そもそも、着水することは無いでしょうけど)
台座に据えるのも大変かもなぁ、と思いつつも艦体と飛行甲板を接続する部分をチマチマとモデリング。
で、こんな形になりそうです。
A5-2017081401
まだ、厚紙の厚さと切れ込みは考慮していないので、これから細部をモデル化しなくてはなりません。

とりあえずは、今日はここまで。
明日はちょいと所用のため、ペパクラ再開は明後日かな。
今までにないハイペースで作業しているけど、とりあえず出来るところまではこの夏季休暇中に突っ走ってしまいたいですね。
色付けて気分転換
一応、毎日というか3日連続で作業を進めてはいるのですが、なかなか目立った進捗がなかったりします。
モデリングって70%程度の出来までは結構短時間でできるものですけど、そこから完成までが時間かかるんですよね。細かいところまで作り込んでいくとキリがないのですが、なかなか引き際が難しい。昨日も書きましたが、CGモデルを作成するのが目的ではないので、作りやすいようにどこかで妥協しないといけないのですが……なかなか難しいです。

今日は試作に早く着手したいなー、ということで骨組みを検討。展開したらどうなるかな?ということで、とてもラフではありますが、この時点でペパクラデザイナーで展開してみました。
ぽちっとな。
A5-2017081302
おぉぉぅ?
フレームがA4用紙2枚で収まらない……だと!?
その横に飛行甲板があるのですが、これがA4サイズでギリギリ。ですが、普段のカラー用紙は八つ切りを半分にしていますので、A4よりもちょいサイズが小さい用紙です。……ということは……収まりきらない!
展開作業は先の話なのですが、ちょっと困ったことになりそうだなぁ……あー、頭が痛い

とりあえず、都合の悪いことは先送りするとして

昨日まではバラバラの形状を仮組みしただけだった艦体を整理することにします。角柱と円筒の間を適当に三角ポリゴンで接続してゆき、目分量で頂点を足したり引いたり……
で、気分転換のために適当に色をあててみました。
A5-2017081301
おー、なんかソレっぽいですよね。
明日はブリッジ周りを整えようかな。
ここからが進まない……
1日で結構モデリング進んだよなぁ……とホクホクしていたのですが、2日目で完成するかというと……そんな訳ありませんよねぇ。
なかなか進みませぬ....orz

今日一日で進んだのはコレ。
A5-2017081201
昨日のスクリーンショットと比べると、まるで間違い探しですね。
まずは、だいたいのアタリを付けた艦体の接合部分を調整。艦首の六角形×2の形状から艦尾の円筒に変化していくのですが、それが結構難しい。しかも、途中で大きくバルジが張り出しているものだから、断面形状が複雑になってしまいます。こいつは難敵です。
それに、CGを作るのが目的ではなく、展開図経由で組み立てを行わなくてはなりませんから、形状を思い切って省略したり変更したりしなくてはなりません。まだまだ、この辺の匙加減が慣れないところです。
とりあえずは、この夏季休暇中にはテクスチャ無しでいいから艦体の試作くらいまでは漕ぎつけたいなぁ。
今度はこれ~
『龍驤』ちゃんも完成したので、次はペパクラかなぁ、ということで作業を始めました。

とりあえずは夏季休暇が始まったということで、初日はチマチマとモデリング。だいたいのパーツのアタリをつけるという意味で、ラフにでっち上げてみました。
それがコチラです↓
A5-2017081101
地球連邦航宙艦隊・前衛武装宇宙艦AAA-5『アンタレス』でございます。

ずっとヤマトは2199の頃から追っかけている訳ですが、この艦艇にはビックリしました。宇宙空母が登場するといいなぁ、とは思っていましたが、それはヤマト2に出てきた伊勢型航空戦艦(いや、最上型航空巡洋艦かな?)みたいな艦形を想像していたのですが……うーん、確かに航空戦艦で艦の後部に飛行甲板があるっちゃあるんだけど。
誰が呼んだか知りませんが、 『アフロ航空戦艦』 って言い得て妙ですねー。
なんといいますか、完結篇への技術的継承を意識しているのかもしれませんが、ブルーノアの艦載機設備に似ている気がします。まぁ、中の人が同じなのでそうなるのかもしれませんが。

ただ、モデリングを始めてみると、なんとなく格好よく見えるから不思議です。
アフロもまたかわゆす。
ただ、ペパクラ化した時に飛行甲板をどう支持するか、そして、台座にどう据えるか(かなりの確率でひっくり返りそう)、悩ましい限りです。