お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
曲面は難しい……
ネェルアーガマ改(っていうのかな?)は複雑な形状だけど
ほとんどが直線で出来ています。しかーし、エンジンブロックの
下部は微妙に嫌な曲面だったりします。
で、1次試作がこれ↓
エンジン1次試作
中に骨組みを入れているのですが、このラインがくっきりと
浮かび上がってしまって、見た目が悪いことこの上なし。
あばら骨が浮き出しているようです。

この改善を目指して2次試作を実施。
骨組みはそのままにして、曲面部分の分割を1枚から3枚に
増やしてみることにします。
エンジン2次試作骨
エンジン2次試作1
……むむむ、微妙な出来だなぁ。
前よりは浮き出しラインは目立たなくなっていますが、
分割ラインを綺麗にあわせるのは難しいですね。

あと、今回の2次試作で試したのが接着剤の違いを比べて
みました。
最近はいわゆる木工用ボンドを使っているのですが、今回は
表と裏で速乾性の溶剤系ボンドを使い分けてみました。
結果としては、溶剤系のほうが綺麗に仕上がるようです。
やはり、木工用ボンドでは紙に水分が染みてふやけてしまいます。
これが骨組みを浮き上がらせている一因にもなっています。

3次試作はALL溶剤系接着剤で、分割ラインの処理を工夫して
みましょうか……
先は長いのぅ
スポンサーサイト
まずはコレか
やはり、各部毎にモデリングしていくのが筋だよなぁ、と考え直して
最初に選んだのがコレです。主砲ですよ!
主砲
いやぁ、第1話で艦長が指バッチンして発射するくだりが素敵でした。
個別に砲身が動く様は格好いいですよねぇ。

なんとか、砲身が動くギミックを搭載したいと思ったけど、かなり
変わった動きをするので断念。
あんな機構、無理です……
はじめての展開
ちまちまとモデリングしてきたものが、展開されるとどうなるんだろう?と
興味津々で変換してみたのがコレ。
展開一号

……

こんなもの作れるかー!

やっぱり、地道に小さなパーツから展開図に仕上げていかないと駄目だなぁ。
いつかはこれも
注文していた品が届きました!
やっぱり、コレですよ、コレ。

Yamato

コスモゼロもリファインされていて格好いいけど、やはりヤマトも
いいですよ。
いつかはペーパーモデルにしてみたいですねぇ。

最終回までにできるといいけど……難しいかな。
はじめての設計
設計中

いつもは作るだけでしたが、たまには自分でもモデルを作って
みたいなぁ、と思い幾星霜。
最近観たUCシリーズが大変良い出来で、中でもこれに惚れたよ~
ということで、シコシコとモデル化から始めています。

着手が去年11月なのでもう半年以上は経過するのですが、
まだまだ先は長いようです。
いつ完成することになるのやら。
はじめてのペーパークラフト
紙工作というものなら小さな子供の頃からやっていたけど、
ペーパークラフトとなるといつが最初だったのだろう?
昔の学習雑誌には紙の付録が付いていて楽しみにしていたものだけど、
それは除外するとして……

と記憶の奥底を浚っていると、ふと思い出しました。
『紙で作る世界の軍艦』という本です。
最初のペーパークラフトではないでしょうが、非常に印象に残る本です。
1/700スケールで洋上モデルということで、プラモデルのウォーター
ラインシリーズと並べておくことも可能!
とてもワクワクして作ったことを覚えています。

ですが、この本も既に絶版。
復刻版もあったようですが、気付いたときにはこちらも既に品切れ。
無念……

今はネットで無料モデルとか公開されていたり、
(作者の方には感謝の言葉しかありませぬ)
通販で海外製品を購入できたりしますが、
やはりいつかはまた作ってみたい本ですね。
その日が来るといいのだけれど。
はじめての投稿
ブログなる仕組みはRead Onlyだったのですが、
ここいらで一念発起して書く側にも回ってみようかと思い立ち、
始めてみました。
いつまで続くか非常に不安ではありますが、
まずは最初の記事を投稿してみます。