お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
進まない……
やばいっす。
全然ペパクラが進みません。
理由は明らかで、仕事が~。先週も土日出勤したけど、今週も土日出勤って何よ~。
このやり場の無い焦燥感はどこに…… orz
スポンサーサイト
紙粘土充填120%!
先週やってみた紙粘土の充填のその後です。
十分に乾燥させたあとでカッターで形を整えた結果がこれです。
CL2014061403CL2014061402
充填の量が均等でなく、紙のフレームが歪んでしまっています。正直なところ、かなり残念な出来になってしまいました。カッターの刃を入れるとボロボロと余計な所まで崩れてしまうので、形としてはかなりイビツなモノに…… まぁ、ちょっとは予想していたのですが、実際に目で見るとガッカリ感が大きかったです。素材が紙粘土ではなく、例の発泡ウレタンだったら加工しやすかったのかなぁ?とも思うので、機会があれば試してみたいところです。

で、さらに試作を続けます。
CL2014061404
下地の上から色画用紙で囲む訳ですが、意外や意外。先ほどまでのガッカリ感はどこかに行ってしまいました。押さえつけても凹まないっていうのは、かなり組み立てやすいです (^ヮ^)
以前の状態だと、接着する際にはフレーム部分を注意深く持って、しかも力を入れすぎないように固定していましたが、今回はどこを持ってもOK! これほど組み立てしやすさが変わるとは思っても見ませんでした。紙粘土充填、見た目はアレだけど、結構いけるかも。

課題としては、寸法の問題が明らかになりました。紙粘土で充填するということであまりアソビが無くなった訳です(意外と紙粘土は硬くて変形しません)。今まではフレームを撓ませて接着位置を合わせていたところがあるのですが、今回はその誤差がはっきり隙間として出てしまいました。次からはもう少しフレームを小さめにして再挑戦してみます。
休みの価値は
「奇跡は起きるものではなく、起こすものだ」
誰が言ったか知りませんが、休みだってそうですよね。
「休みは来るものじゃなく、作るものだ」
ということで、今週はなにがあろうとも休もう!と決心いたしました。……その割には自宅でちょこっと仕事してたりしましたが。
ま、それはそれとして。

クラップ級はエンジンブロックの試作をしてみました。まずは、グレー50の用紙に新しいプリンタでちゃんと印刷されるのかを確認。
CL2014060801
うむ、特に問題ないようです。UVマッピングの張り方がヘタクソなので、輪郭部分で太くなったり細くなったりしてますが、まぁ本作の時に直すことにします。面倒は後回し……
で、いつものように骨組みを作成します。
CL2014060803CL2014060804
このタイプのエンジン作るのも幾つ目かなぁ。骨組みは最初の時からほとんど変えてません。
が、今回はちょっと工夫をしてみようかと思ってました。
それがこれ↓
CL2014060805
紙粘土です。
骨組みに外装を貼っていくと、どうしても凹みができてしまいます。なるべく力はいれないように……と注意しているのですが、どうしてもフレーム上が盛り上がってしまい、一度気になるとずーっと気になってしまいます。今回はそのあたりを改善するのを目標にしてまして、「凹むんなら埋めちゃえばいいじゃん」ということで紙粘土を使うことにしました。
……一応、これも紙だからペーパークラフトの看板に偽りないよな、と自己弁護。

と思っていたら、他所様のサイトでちょうどカードクラフトの作り方講座をやってまして、まさにこの凹み対策を講じておられました。そちらでは発泡ウレタンを使用されていました。うーん、ポピュラーな方法だったのか~。その結果を見てからやれば良かった……orz
CL2014060806
やってしまったものは仕方ありませぬ。しばし放置して乾燥させるしかありません。数日乾燥させなさい、ってことなのでこの先は次の週末かな。簡単に加工できるといいんだけど……