お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
キャラホビ2014
本日は幕張メッセで開催されたキャラホビに行ってまいりました。長躯遠征です。
(今日は総火演っての、忘れてました。抽選外れてラッキーだったのかな?)

開場前に現地に到着。1時間待ちでしたが、まぁ、それは想定内。意外と会場内は涼しかったのが驚きでした。
P8241086
昨今人気(らしい)の艦これがいっぱいあって、提督の私としては超歓喜。100隻を超える1/700艦艇モデルは感激でした~。気分はもう観艦式です。
それはそれとして。
ラーカイラムを展示していただいた『CRAZY CRAFT』さんの様子ですが……実はよく判りませんでした。というのも、お声をかけようと思うのですが、ブースの前には結構なお客さんがみえて、タイミングを逸しておりました。時を改めて、と何度か時間を空けたのですが状況は変わらず。結局、主催の方とお話できたのが昼過ぎという顛末でした。
そんな小心者のグダグダ展開ですが、マーケットの展示作品はいろいろと見て回ってきました。
なんと言いましょうか……衝撃的でした。
艦艇好きの私ですからどうしても艦艇モデルを目で追ってしまうのですが、出来が圧倒的に違います!1/1200だったか1/1700だったか忘れましたが、あの精密感はどうでしょう。塗装も抜群で質感は段違い。キャストモデルとペーパーモデルの違いはあるのでしょうが、ショックでした。
また、お声はかけられませんでしたがペーパークラフトの方も見て回りました。こちらも綺麗に組みあがっています。ぱっと見たところで、パーツ分割とか糊代の処理が違います。やはり、これが商品として対価を頂く仕事ぶりなんだようなぁ、と実感しました。今回は展示だけにしておいて良かったのかも。
『CRAZY CRAFT』主催の方から「展開図ないんですか?というお客様もいましたよ」とお聞きした時は大変嬉しかったです。ただ、まだまだ自分は未熟だなぁ、と思っていますので、いつかは期待に沿えるようになりたいですね。

久しぶりに歩き回って足が疲れましたが、いい経験をした1日でした。
スポンサーサイト
エンジンブロック ノズル編
今回はエンジンノズルとその周辺部分の作成です。
まずは周辺部分から。
CL2014081701
ネェルアーガマもラーカイラムも同系統のエンジンって設定の割に、設定画を見ると違ってるんですよね。そんな訳で、今までとは違って細かいパーツが必要になりました。それがこれ。
ネェルアーガマの時は紙を3重くらいに貼り合わせて凹凸を表現しましたが、今回は1個1個箱を組んでみました。小さくて結構面倒です……

次は、エンジンノズルを。
CL2014081704
ラーカイラムの動画コメントでは結構評判の良かった溝表現ですが、今回もやりました。というか、展開図同じですから同じ表現になりますよね。

で、組み立てた結果がこれです。
CL2014081706
まぁ、おおむね予定していた通りの出来だと思います。ちょっと紙の厚みを考慮していなくギッチギチに詰めてしまったのでちょこっと変形してしまった部分があるのですが、あまり目立たないからヨシ。

結構ここまでで時間かけてしまいましたが、まだエンジンブロックは完成しないんですよね。うーん、ちょっと甘く見ていたかもしれません。
まだまだ先は長そうです。
エンジンブロック本体編
久しぶりの週末休みです! 仕事先の機材の引越しとやらで土日は作業にならないのでお休み。ビバ!引越し!
と言うわけで、久々にクラップ級の製作です。まぁ、台風で外出もできませんし……

CL2014081001
まずは印刷から。切り取り線は目立たせたくないな、と一部薄くしたところ、完全に地の色に混じって見えなくなってしまいました。うーむ、失敗……。鉛筆でアタリをつけて切断後に消すことにしましたが、そのアタリさえ付けられないほど線が隠れてしまいました。こういう見せたくない切り取り線って他の方はどのように処理してるんだろう?
CL2014081002
組み立て中。実は、今までの2隻もこの手順で組み立てていましたが、どうやっても両サイドを貼った後に真ん中を貼る際にズレが生じて悶々としていました。今回、先にガイドラインとなるように真ん中の部分のコピーを貼り付けてみました。いやぁ、最初からこうして組めばよかったですね。気になるほどのズレも発生しませんでした。やっぱり、ちゃんと丁寧に組み立てないと駄目ですね……
CL2014081003
で、早速、新兵器の彫刻刀の出番です。エンボス加工で影を際立たせるために紙を2枚重ねにしてあるので、折り曲げ部分が鈍らないように裏から切り込みを入れます。
いやぁ、これ、いいかも。
他所様のサイトで仕入れた手法ですが、なかなか好感触です。ただ、注意しないといけないのは刃の切れ味ですね。ちょっと紙の繊維を噛むような感じで削りましたので、切り跡は美しくありません。まぁ、裏側で誰も見ることはできないので気にしなければいいのですが。
CL2014081005 CL2014081004
で、貼り終えたのがこれ。
やはり、無理やり曲面にあわせこんでいるので皺が寄ってしまいました。うーん、難しい。ここの形状はかなり曲率が大きいので、切れ目を入れずに作るのは難しいです。以前は紙を湿らせて曲面を作ろうとしたこともありますが、ゴワゴワになっただけで大失敗でした。まぁ、今回は紙粘土で充填していますので、骨部分が浮き出ることも無く、組み立てる際も力を込めても歪んだりせずに楽だったのが収穫です。
まぁ、これ以降で同じエンジンブロックを組み立てる機会があるのか疑問ですが。
CL2014081006 CL2014081007
で、赤いパーツで尾部を作ってエンジンブロック本体はできあがり。
うーん、やっぱり皺が目立ってしまうけど、気にしてはいかーん。見ない、見ない……

予定ではエンジンノズルまでは作ってしまいたかったけど、この休みではここまでです。製作スピード落ちたかな?
また、明日からはお仕事。「お盆休み?なにそれ、美味しいの?」って感じでの出勤になるため、次は週末かな。……休日出勤が無ければいいんだけどなぁ。
とほほー