お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
艦体はじめました
先週の艦体の試作で大体の傾向が掴めたと思うので、艦体の本作を開始することにしました。まずは、骨組みから始めます。切り出し前の展開図がこれ。
CL2014101901
展開もなにも、そのまんまですが……。とりあえず、今日は厚紙への貼り付けと乾燥まで。切り出しは今度から始めることにします。

で、データの整理していたらラーカイラムのMMDモデル(もどき)が出てきたので、ちょっと弄ってみました。動画じゃなくて静止画もエフェクト入れると綺麗になるっていうので、先達のブログとか説明動画を見ながら試してみました。で、その結果がこれ。
RC2014101901
AutoLuminous4、Deffusion7、ExcellentShadow2、SSAOを使ってみました。SoftLightHLShaderも使ってみたのですが、テクスチャ表示が乱れるので今回はパス。宇宙艦艇っぽい質感を目指しているんですけど、なかなか難しいものです。
MMDモデル作成のテクニックとしてスムージングのパラメータを触って法線を際立たせるという手法があるらしいのですが、どうにも理解できずに断念。いずれは試してみたいな、と思いますが。
クラップ級も表示してみましたが、まだ上手くいかない部分がありますので今回はパス。CGもなかなか奥が深いのですが、結構面白いものです。ええ。
スポンサーサイト
艦体試作~
久々の連休~
クラップ級の製作を進めていました。艦体の試作です。

当初の艦体色として考えていたグレー30の行き場がないので試作で使うことに。まずは印刷して気合いれます。
CL2014101301

いつものように、テクスチャだけだと味気ないのでエンボス加工用に切り抜きと裏打ちを実施します。ちまちま。
CL2014101302 CL2014101303
手間暇かけて加工するんですけど、光源の位置によっては書き込みと見分けが付かなかったりします。紙厚が変わるので糊代とかいろいろ調整したりするのですが、あまり労力に見合っていないのかもしれません。(本当に凹んでいるのかも、設定画からは判らなかったりしますからね)

で、これは艦体を補強する艦首部分のパーツ。1枚だと強度が足りなさそうなので張り合わせて強化します。どうせ見えないからいいか、と余っていた紺色を貼ることに。
CL2014101304 CL2014101305
いい加減な思いつきで色を選んだのですが、意外な効果がありました。V字彫刻刀で裏から折り曲げ線にそって切れ込みを入れるのですが、ちょうど半分の深さまで切れ込みを入れると下地の色が透けて見え、判りやすい判断基準になりました。おぉ~。 まぁ、本当は使い慣れてちょうどいい深さで切れるようになるといいんですけど、まだまだ未熟なのでこういうガイドは役に立ちます。

で、貴重な休みを費やしてできた試作艦体がこれ。
CL2014101306
うーん、この色でも良かったかもしれないなぁ。とはいえ、既にグレー50でエンジン作っちゃったので今更変えるわけにもいきません。色の選択って難しいなぁ。
試作の目的だった組立性は概ね掴んだと思います。無理な組立難度ではなかったけど、パーツ同士の位置あわせ精度が結構シビアかも。一番きついのはカタパルトゲート部分でした。ここは補強面を追加しないと駄目かもしれません。あとは、組立の順序も気をつけないといけません。写真にはありませんが、艦体内部には厚紙の骨格を入れていますが、先に外装を閉じてしまったので骨格が入らなくなってしまいました。無理やり入れましたが、順序は注意せねば。

で、今までに完成しているエンジンブロックを添えて見ました。
CL2014101307
ちょっと色の差が気になるけど、大きさのバランスは問題なさそうかな。このまま、本作に入っても良さそうな気がします。
それと同時に、そろそろ台座も考えないといけないかもしれません。うーん、重心点はどこにくるんだろ?
なんとか復活
昨日はHDDが認識しなくて肝を冷やしましたが、なんとか復旧 ^ヮ^
どうも、原因はPC本体側のUSBポートにあったらしく、接触不良で接続と切断を繰り返していた為と判明しました。他のPCに接続して認識したので、「今がチャンス!」とバックアップしましたが、不要だったかも。まぁ、いざという時のため、これを機会にマメにバックアップした方がいいかもしれません。

で、今日はクラップ級の艦体の展開作業をちまちまと進めてました。ずっとエンジンばかりにらめっこしていましたが、こうして目先が変わると新鮮です。なんだか、完成想像図が浮かんできてワクワク感で高揚してしまいます。……まぁ、この先の作業も長いのですけど。
CL2014100501
展開を進める傍らでテクスチャの修正やモデル修正も実施します。以前は知らなかったのですが、「3Dモデルを再読み込み」というコマンドがかなり便利! 展開中のモデルを修正しても、ある程度追従して展開図も直してくれます。このコマンドを知らない頃は最初から再展開していたからなぁ。アノ頃の自分に教えてあげたいです。
展開しながら組み立て手順も頭の中で整理していく訳ですが、ちょっと今回は難しい気がしています。順番通りに組んだとしても、かなりシビアな精度が要求されそうです。うーん、いきなり本作ではなくて試作が必要かなぁ。早く完成させたい身としてはさっさと進めたい気分でもあるしなぁ。
……展開進めながら考えよう
やばい……
クラップ級のエンジンも終わったし、次の展開を始めようと思ったのですが……データを格納していたHDDが認識しませぬT_T
この前、派手に机から落としたからなぁ、あれが致命傷だったのかしらん。

とりあえず、必死にサルベージ中ですが、果たしてどれだけのデータが救えるか判りません。
うーん、凹むなぁ