お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
艦体の小物作成
今週末は艦体の小物を作成しました。

こんなのとか
CL2014113001
これとか、
CL2014113003
小物というほど小さくありませんが、これとか、
CL2014113004
これとか
CL2014113005

で、それらを組み上げるとこうなります。
CL2014113006 CL2014113007 CL2014113008
ま、なかなか良いんじゃない?と自画自賛。
というか、ここまで来たらやり直しはキツイです……

次は艦の舷側部分と推進剤タンクですが、ここは一度試作しておかないと不味そうです。ちょっと変わった形状なので、歪みがどの程度発生するか判りませんので。

しかし、もう2014年は残り1ヶ月なんですね。これからは下戸には辛い忘年会とか、年賀状作成とか大掃除とかイベントてんこ盛りです。特に、大掃除はこの作業スペースを弄ることになるのでつらいなぁ。この分だと、来年の年始も目標はクラップ級の完成、ってことになりそうです。うーん。
スポンサーサイト
資料が欲しい…
ラーカイラムの動画
これのコメントで指摘されて気付いたのですが、着艦用の後部デッキって白色なんですね。今頃気付くなんてちょっとショックです……orz
……って、アレ? 設定画は白なんだけど、UCの動画だと黄土色になっているような。CCAだと白じゃなくって黄土色っぽいなぁ。最近発売されたコスモフリートスペシャルでも黄土色になってる……。うーん、どれが正しいんだろ。
まぁ、今更変えられる訳でもないので、あれはあれでOKということで。

そういう意味だと、今作っているクラップ級も配色で悩んでいるんですよね。艦体色はすでにNTラシャのグレー50にしてしまいましたが、映像見てみるともっと白っぽいようにも見えます。(設定画はかなり暗いグレーですが) あと、推進剤タンクかな?アレの色もカットによって違っています。グレーだったり、オレンジだったり……。もうオレンジの紙を準備しちゃいましたので、私の中ではオレンジということに決定です。ええ。

そんなこんなで色々と悩んでいますと、こんな情報(これ)がありました。なんでも、UCの設定資料集だそうです。いいなぁ。
ただ、艦艇はBOXⅡの収録ということで、来年3月の発売だそうです。あと2年早く出版していてくれれば! どの程度の情報(図面)が掲載されているのか判りませんが、興味津々です。こういうのって中身を確認してから購入できればいいんですけどねぇ。
艦体作成中~
医者から処方された錠剤20錠、粉薬6袋を毎日飲み続け、ようやく咳も落ち着いてきました。うーむ、こんなに酷い症状が残ったのは始めてかも。やはり健康が一番ですねぇ。

で、ようやく落ち着いてきたのでクラップ級の作成を進めます。艦体の中央部から後部にかけてになります。
CL2014112301
クラップ級の舷側は艦首から艦尾まで一枚板のようなのですが、とてもA4サイズには収まらなかったので分割しています。パネルラインに合わせて分割して繋ぎましたが、まぁ継ぎ目も目立ちませんので成功かな。

で、艦体中央部の艦底になにやらシャッターらしきものがありましたので、ちょっとディテールにこだわってみました。試作時は書き込みだけだったのですが、ちょっとアクセントが欲しいなぁ、と。
CL2014112302 CL2014112303
試作品と並べてみました。それなりに見えるようになりましたので、まぁ合格ということで。

次は艦首の下部甲板。
CL2014112304
ここも普段はあまり見えない部分になりますが、エンボス加工を多用してみました。写真ではあまり見えませんが、光源の位置によっては陰影がはっきりするようになります。本当は設定画とか映像をみるだけだと凹んでいるのか凸になっているのか判りませんが、とりあえず凹んでいると判断して加工しています。

次はカタパルトへのゲート部分。
CL2014112305
試作時にはゲートの上下を分割して切り離していたのですが、あまり効果がありませんでした。なので、本作では切り込みだけを入れることにしました。試作よりも本作時には加工を増やすことはあるのですが、初めて試作よりも簡略化した部分になります。まぁ、ゲート開放状態を表現する訳ではありませんので、これで良し。

次は艦後部の上甲板。
CL2014112306 CL2014112307
ここも巨大なハッチっぽいものがありますので、切り抜いてちょいと強調表現をしてみます。

次は艦首上甲板。というか、カタパルトデッキですね。
CL2014112309
下甲板もなのですが、一応、箱形状になっています。あまりにも薄いのでかなり組立性が悪い部分でもあります。おまけに、厚紙で補強もしなくてはなりませんので、組んでから補強するか、補強しながら組むかで試行錯誤した部分です。一見して単純な形状でも歪まないように組み立てるのは難しいもので、逆に出来た時は思わず「ドヤっ!」ってなります。

ここまでのパーツをくみ上げてみます。
CL2014112308 CL2014112310
ゲート部分は接着してしまうと艦体の捩れ矯正とかできなくなってしまいますので、後回し。
大体、前回の試作時あたりの形状まで組み上がってきました。こうやってみるとあまり特徴もない艦体形状で、難しいところなど無いように見えてしまいますね……orz
この先、細かいパーツを追加することで見栄えがする……はずです。がんばろ
艦首部から
先週末に引いた風邪がまだ治りませんT_T
熱は微熱っぽい感じが続いているのですが、何よりも喉の痛みと咳が酷いです。ここまで長引くのは久しぶりでちょっと辛いです。

そうは言っても寝ていると暇なんで、ついつい起きだしてしまいます。
で、艦首部分の製作を進めていました。

まずは、印刷。
CL2014110901
試作の時のグレー30よりも濃いグレー50の紙に印刷します。なんとなく、グレー30でも良かったんじゃないかな、ともいう気にもなるのですが、エンジンをグレー50で作っちゃいましたからね。合わせない訳にはいきませんし。

で、いつものようにエンボス表現のためにチマチマ切り抜き。
CL2014110903

艦首部分を組み立ててみたのがこれ。
CL2014110902
艦首と艦尾を繋ぐ為の糊代は再び余っていた紺色を利用。艦体色が白だと透けて見えるかもしれませんが、グレーなのでまぁ大丈夫でしょう。
なかなか遅々として進みませんが、まずは体調を戻すことを優先しないと……
艦体製作開始
艦体の試作は良好ということで、本作にとりかかることにします。
まずは、厚紙で骨格部分を切り出します。
CL2014110201
2度目なので、らくらくですよー。
で、仮組みをしてみました。試作の艦体との比較がこちら
CL2014110202
特に設計を変えた訳ではありませんので、目だった差異はありません。当然ですけど。

そろそろスパートをかけたいところではあるのですが、どうも風邪を引きかけたようで体調がよろしくありません。
折角の休日ですが、ここらで断念です……無念