お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
船首部? 試作その後
資料によると、「艦首部」ではなく「船首部」なのだそうです。うーん、クサナギって種別では『イズモ級宇宙戦艦』ってなっているのだから、「艦首部」なんじゃないのかしらん? コズミックイラの世界はよく判りません。

でも、敢えて「艦首部」と呼んじゃう。
で、試作をちまちま進めていましたが、第1次試作としてはこんなもんかなー、という感じになりました。
KS2017021201
これです。でもって、裏側はこれ
KS2017021202
骨組み部分が少し少ないというか、剛性が足りない感じがするのが改善の余地ありかな。
あとは、曲面が多いのを表現しきれないというか、空洞にして形を保つのはちょっと無理がありそう。上面はもう少し膨らみを持たせた方がいいかなぁ。あとは、主砲の格納されている部分の勾配が設定画にくらべて急すぎる感じが立体にすると強調されるかも。もう一回くらいは試作してみないとダメかなぁ。
となると、スケジュール的に結構厳しい気がします。うーん、今月は妙に忙しくなってきたので時間が……

マジで大丈夫かしらん、5月。
スポンサーサイト
試作開始
私の心の中にある「なんちゃって工程表」によれば2月には試作段階に入っていなくてはなりません。
ということで、モデリングは一旦先週段階で仮Fixとしていよいよ展開、試作を始めました。
ポチっとな
KS2017020501
まずは艦首部、それも上半分だけを展開します。
このカモノハシの嘴のような部分が非常に厄介でして、何度モデリングしても納得のいく形状になりません。ネットで先達が作成しているCGモデルをいろいろ見ましたが、設定画のような形状が表現されているものは見かけませんでした。うーん、やっぱり難しいんだよねぇ~、と自らを慰めます。これでいいんよ……

試しに艦全体を自動展開してみると、総部品点数は387となりました。前回のアイアンギアが375ですから、意外に少ない感じです。形状判らなくて端折っている部分もあるにしても、ちょっと意外でした。まぁ、まだ色分割に従ったパーツ分割もやっていませんんのでもう少し増えるんでしょうけど、新しい作品に従って簡素化してきた傾向があるようです。これは慣れてきたのであって、手抜きではない……はずです、たぶん。

で、骨組み部分を切り出して組立てました。
KS2017020502 KS2017020503
うーん、カモノハシを表現するにはちょっと少ないかな?
もう少し、進めてみないと判断できなさそうです。