お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
骨組みカット
カテゴリを「クサナギ」にするか迷ったけど、こっち。
この日のために温めておいた秘密兵器をついに投入する機会がやってきました。
ということで、備忘録を兼ねて記録。

まず、1.6Wタイプでは白色用紙はカットできない、ということなので、
「骨組み部分であれば着色して切ればいいかない!?」
というアイディアを実行に移してみました。
で、ダイソーで購入した両面白色の厚紙(400g/㎥)に青と黒の絵具で着色してテストしてみました。結果としては、黒が最も容易に切れますが、着色しない部分でもレーザーの焦点距離を調整さえできれば切断することができると判明。
パラメータは
 移動速度 200mm/min 出力100% 回数:4回
で十分に切断することができました。回数を5回にすると細かい部分が焼損してしまいます。
このパラメータを導くだけで結構な時間がかかりましたよ.....orz

あと、試行中にトラブルも発生。
X軸への移動距離にムラが発生して、酷い時はX軸方向全幅の2割程度しか動かないケースも発生。
移動ムラのため、戻り位置がずれてしまってリミッターで以降の作業が強制停止になったりと、エライ目に遭遇してしまいました。
テンションベルトの緩みを疑ったのですが、テンションベルトには異常なし。ソフトウェアも再インストールしてドライバも最新化してみましたが改善せず。
仕方がないのでサポートへメールを作成……と、その時に閃きました。
ベルトじゃなくて、プーリじゃない?
……正解でした。
ベルト送り用のプーリ固定部が緩んでいて、ステッピングモータの回転を送り切れていなかったためと判明。改めて各部調整して復旧いたしました。……あぶねー、要らぬメール出すところでした。
というとで、テンションベルト以外にもプーリの滑りを確認する必要がある、という戦訓を得ました。

あとは、データ作成時のトラブル。
DXFフォーマットを取り込むことができるのですが、ペパクラデザイナー4で出力したDXFはそのままでは使えないことが判明。つい最近もアップデートがあってDXF互換性を高めたということなのですが、ダメ。
他のソフトで読めるんだろうか?ということで、Inkscapeで試してみました。……ダメ。
テキストエディタではちゃんとテキスト列として読めるのですが、何が悪さしているのか不明。(なんか、昔の仕事を思い出してしまいます…)
GIMPでもダメだったので、これはCADしかないなぁ、ということでJW-CADでチャレンジ。
読めました。
なので、JW-CADで上書き保存してFaboolソフトにインポートしたところ、無事成功!
……ところが、一難去ってまた一難。
ページ毎に作成したDXFデータがダメであることが判明。2ページ目以降のデータ位置がズレていて正常に動作しません。JW-CADでも2ページ目以上のDXFが範囲外で読めないことが判りました。
うーん、ペパクラデザイナーのDXF出力、ちょっとクセありすぎ。
結局、1ページ目しか正常に作業できなかったので、2ページ目以降を1ページ目に移動して出力、を繰り返すことにしました。原始的だけど、仕方ない。

そんなこんなで、骨組み部分をカットしてみました。
KS2017040901 KS2017040902 KS2017040903
全部で3シート分をカットしました。その結果がこれ。
KS2017040904
結構、精度よく切れました。
ただ、ここまでやるのに土日を使ってしまったというのは、ちょっとどうなんでしょうかね。普通に手で切っていた方が良かったのではないか……とは思わなくもありませんが、いろいろチャレンジすることに意味があるんですよね。きっと。

あと、もうひとつ困ったことが。
レーザで焼き切る訳ですので、当然焦げます。で、煤がついてしまうのでどうしても汚れてしまいます。
これ。
KS2017040905
骨組みなので見えないところではあるのですが、加工中に指が汚れてしまうので注意しないといけません。

残る時間はあまり多くありません。
4月中には完成形まで迎えたい……なぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bamboo271.blog.fc2.com/tb.php/257-ab242bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック