お気楽Bamboo Yard
主にペーパークラフトといった模型関係の趣味についてつらつら書いていきます
ちょっと塗ってみた
昨日は晴天でしたが、検査通院のため模型はお休み。
今日も晴天でしたので、塗装に着手しました。

で、以前使っていたサーフェイサーを塗ってみたのですが、これが失敗でした。
どうやら、前回使用した際に薄め液を入れすぎたらしく、ほとんど役になっていない感じになってしまいました。うーむ、ケチらずに買い換えた方がいいのかもしれません。
結局、何層もサーフェイサーを重ね塗りして(……いいのかな?これで)、リノリウム部分を塗りました。
それがこれ。
P3250092 P3250093 P3250094
個人的にはいい塩梅で塗れたんじゃないかなぁ、と思ってます。毎回、塗料の薄め方には苦労するのですが、今回のはイイ感じです。いつもこうだといいのですが。

もう少し工程を進めれば良かったのですが、時間が無くてここまでです。
(二度寝してさらに昼寝してしまったとは……不覚)
アンタレスじゃないけどー
アンタレスじゃないけど、姉妹艦アポロノームの1/1000プラモ、買ってしまいました~。
P3250091
とりあえずは、キット発売前にペパクラ完成して良かったなぁ、と安堵しつつも中身をチェック。

やはり気になるのはモデルがどれだけ違うのか、です。
数少ない絵からなんとか捻くり出した艦橋と飛行甲板の接続部分ですが……ほほぅ!
どうやら吹き抜け形状が両舷にあるようです(ようです、と推定なのは組立説明図と写真から判断しているので…)。はぁ、確かに上面図にはそれっぽい線は見えたけど、あれは吹き抜けとは思わなかったなぁ。 ま、いっか。
あとは大きな違いは、艦底部に大きな識別マークが記されていたことですね。艦底は確か情報なかったからなぁ。ま、いっか。
その他は大きな差異もないようなので、まずまずの再現度だったんじゃないかなぁ。

いつ作るか全くもって不明ではあるけど、作ったらペパクラと並べてみよう。
雨ですなぁ
今日は祝日ということで電の塗装でも、と思ったのですが、あいにくの雨模様。
こういう日は塗装に向かないということなので、煙突部分を組み立ててみました。
こんな感じ。
P3220090
子供の頃にWLシリーズで『暁』を組み立てたことがあるけど、こんなに細かかったっけ?
作り甲斐があっていいんですけど、進行している老眼にはチト辛いかも……

週末は通院しなきゃいけないし、まとまった時間が欲しいですなぁ。
今回はこれを作成してみます
とりあえずは艦コレのレイテイベント(後半)もクリアしたので(乙だけど)、プラモ作成に取り掛かることにしました。
今回のアイテムはコレです。
P3170076
ヤマシタホビーの『特型駆逐艦Ⅲ型 電(1944)・響(1945)』です!
個人的には待っていたキットだったりします。
確か、何年か前に静岡のホビーショーに誘って頂いた際に、第一弾の『吹雪』の展示があったのです。その時、リーズナブルな価格で結構精密なモデルだったので期待して待っていました。ところが、近所ではヤマシタホビーの取り扱いがなく、結局、名古屋の大須まで出かけてゲットしました。

P3180078
最近のモールドって精密ですねぇ。舷窓の庇まで表現していますよ。よく精密感を出すのに庇を1枚1枚貼るっていうのがありますけど、手間が省けて嬉しいです。

P3180080
艦体は左右舷の張り合わせではなく、一体型です。フルハルだと張り合わせの方がいいんでしょうけど、喫水モデルはこっちの方が楽でいいです。ええ。

P3180082
早速、甲板を貼り合わせます。リノリウム部分の塗装とかどうやろうかなぁ、と考えていたのですが……
P3180087
あれ? この艦首の段差ってなんだろう?
他の方の作品とか観てみましたが、あまり意味のある段差とは思えませんが……

P3190089
という訳で、あまり気にせず貼ってしまいました。

次は、一旦はリノリウム部分の塗装になると思いますが、平日は無理だよなぁ。
よ……ようやく、入手!
随分と待ちました。
が、ようやく入手することができました。

NTラシャの色見本~♪
P2170072.jpg
P2170073.jpg

永らく品切れ状態で入手できず、入荷日も未定で苦労しました。
先日、ふらっとWebサイトを見に行ったら再入荷日の前日でした。
これは天からの配剤か!?
ということで、早速ゲットです。
これで店頭であれこれ迷う必要がなくなりました。

……ですが、もうアンタレスは作っちゃったんですよねぇ。
次回作、何にしようか……

GUNDAM ORIGINの艦隊戦って結構動きが良くって恰好いいですからね。マゼランなんて大艦巨砲主義!って感じがして好きなんですけど、図面あるのかなぁ。